post

オゾン発生器の可能性

当サイトでは度々オゾンについて触れてきたが、今回は「オゾン発生器」そのものについて書きたいと思う。

たとえば、消臭や脱臭を考えたとき、一般の人がすぐに頭に思い浮かぶのは(非常に残念なことではあるが)オゾン発生器…ではなく、おそらく「空気清浄機」ではないだろうか。某電気量販店に足を運んでも、売れ筋のオゾン発生器がフロアの一角を占めている…ということはない。代わりに空気清浄機が幅を利かせている。

殺菌や除菌、脱臭その他「清潔」に貢献度が高いのは空気清浄機ではなく、オゾン発生器のほうだが、まだまだ認知度は低そうだ。かといって、今の日本でオゾンが活躍していないわけではない。どちらかという多くの一般の人が気づかないところで生活を支えてくれているのだ。オゾン発生器がどのように活躍しているかについて知ってほしい。

オゾン発生器やオゾン水生成器というものは、「環境問題待ったなし」の今の地球においてなくてはならない存在であるといっても過言ではない。

この話しをすると必ずといっていいほど「オゾンは危険だ」と主張する人たちが一定数いるが、これは勉強不足、知識不足だと指摘せざるを得ない。なぜなら、危険性の本質を理解していないからだ。

いっておくが、この世の中に「危険なもの」はたくさんある。自動車やバイクは便利だが死亡事故は毎日起きているし、病院で処方される薬のおかげで我々の寿命は飛躍的に延びたが、それが原因で副作用が起きたり、死亡することだってある。すべては紙一重、表裏一体なのである。

オゾンの研究を続ける私たちからすれば、自動車やガスコンロ、インターネットなど、多くの人たちの生活を支えている「便利なもの」は少なからず表舞台に立ち、感謝をされているのに、一方、オゾンはどうだろうか。たとえば、蛇口をひねれば、美味しくて安全な水が出るのはオゾン殺菌のおかげだが、一般の人でそのことを理解している人は少ないだろう。私たちとしては、一般の人たちからは見えないところでオゾンが活躍していると、「私たちはちゃんと知っている」と目には見えないオゾンの語りかけている。そういう気持ちで研究しているからこそ、オゾンが将来的に環境問題に大きく貢献すると確信している。

一般の人たちが「オゾン」を知るのは、「オゾン層」もしくは「オゾン発生器」くらいのものだろう。そのオゾン発生器だが、ここ数年で扱う業者や専門家が増えてきた。理由としては、質の向上と業界内であるべき競争が起きた結果、価格も妥当なものになってきたからだろう。これは大変嬉しいことである。消臭や脱臭に関しては、正直、空気清浄機なんて目ではない。そのくらい効果があるのだ。ただし、効果があるだけに使用方法については十分留意されたい。そこだけ気をつければ何も危険なことはない。

農薬を除去するにはオゾン水が一番

最近では、気体としてのオゾンを放出するオゾン発生器だけではなく、なんとオゾン水も同時に生成できる機種もあることから、ここでは、オゾン水のことについても少し触れておこう。

日本では、危険な成分を含む、また成分が多く残留する農薬の販売は禁止されている。よって、農家の方が、正しく農薬を使う限りは、お店で買う農作物は安全だ。しかし、農薬の誤った散布で命を落とす農家の方がいるように、人間がやることに100%はない。

つまり、適量を散布するのであれば安全な農薬を使ったとしても、「適量」を散布するのは人間である。残念ながら、人間は必ず間違いを起こす。「適量」を散布したつもりが、規定量を大幅に超えた農薬量で、それがそのままスーパーや八百屋に出荷される可能性はあるのだ。

それが農家の人のたった一度の間違いだったとしても、万が一自分がその農作物を食べてしまったら、体調を崩したり、深刻な症状になる可能性はある。仮に人生80年生きたとして、「農薬が規定量以上使われ、深刻に汚染された農作物を1度でも食べる確率」は非常に低い。しかし、だからといって無視してよいリスクではない。

では、どのように農作物から農薬を除去するかについてを書いていこう。これには様々な意見があるが、オゾンを熟知している我々からすれば、「オゾン水生成器を使う」ことをおすすめする。では、「何故オゾン水生成器なのか?」について3つの理由をご説明したい。

1.優れた殺菌力
オゾンは酸素の分子が3つくっついた物質で、化学式ではO3という。オゾン層という、地球外からの有害な紫外線を多く吸収する大気の層について、聞いたことがある方は多いと思いますが、そのオゾンです。

オゾン水のオゾンも、オゾン水生成器のオゾンも一緒なので、有害な物質を強力に分解する殺菌力に優れている。オゾン層にいるオゾンは、有害な紫外線を分解しますが、オゾン水に含まれるオゾンは、農薬や有害な物質を、無害な物質に分解している。その殺菌力は非常に強く、東京や大阪の水道局で、上水道、下水道の水の殺菌、消臭に使われているほどだ。
「野菜を洗うときは通常の流水でもOK」という人もいるが、流水には殺菌作用がありませんので、効果は一段落ちるといってよい。

2.成分が残留しない
一般的な酸素は、O2という酸素分子が2つくっついた安定的な物質だが、Oが3つくっついたオゾンは不安定な物質ということになる。「不安定」というのは、水中や大気中にそのままの状態で長くとどまっていることができず、時間が経つと自然に分解して酸素に戻ってしまうということだ。10数分から数十分経過すると、生成したオゾンは全て酸素に戻り、跡形もなくなる。100%残存しないので、「絶対に」安全だとここで言い切れる。

最近では、野菜洗い専用の洗剤が販売されていますが、こうしたものを使うと、洗剤の成分が野菜に残る可能性がある。「農薬を洗い流すつもりで使った洗剤が、野菜に残ってしまった」となると、本末転倒だ。洗剤が人体に良いはずがない。

3.ランニングコストが不要
野菜洗い用洗剤は、通常の洗剤よりかなり高額であり、量もそれほど多くない。つまり、何度も繰り返し購入する必要がある。こうした洗剤は、通常のスーパーではまず販売されていないので、ネットで注文することになる。つまり、高額で少量の洗剤を、ネットで都度注文するという手間と、送ってもらうための送料が追加で必要になる。

これに比べると、オゾン水生成器は一度購入すれば、その後は長く使い続けることができる。オゾンは電気的に発生させるので、コンセントをつなげばすぐに使える。加えて、どのメーカーが販売するオゾン水生成器も消耗する部品はほとんどない(ノーメンテナンスが主流)。初期費用はかかるが、長い目で見れば「お金」と「手間の節約」という両方の点でお得であるといえる。もっとも、意義があるのは環境に大きく貢献するといってもいいだろう。

post

人間に危害を加える細菌・雑菌からどのように身を守るのか?

生の食材には微生物が多く付着しています。一般の方が言う、「雑菌」もここに入ります。それらのすべてが悪いものではないので、それ自体は大きな問題ではありません。

しかし、そのに病原性のある微生物も混在している可能性があるわけです。生レバーであればO157などの病原大腸菌の危険性があるし、生の魚であれば腸炎ビブリオなどの食中毒菌の危険性があります。

そして、大人であればお腹をこわすことのないような病原性のない微生物でも、子どもの場合はお腹をこわしてしまうことがあります。また、生ものの食材ではアレルギーの問題も考えなくてはなりません。アレルギーの多くはその食材の特定のタンパク質を食べることで引き起こされます。加熱調理することによってこれらのタンパク質は変性し、アレルゲンを失うことがあります。つまり加熱調理で危険性を下げることはできます。しかし、加熱しても危険なものがあるため、まず検査をすることが大切です。食物アレルギーについての検査技術は大きく進歩しています。

加熱したのに食中毒になるのはなぜ?

食材は加熱すれば安全でしょうか。加熱することで食中毒事故は防げるのでしょうか。

たしかに加熱すれば、食中毒菌を死滅させることはできます。厳密に言えば死滅させる可能性を上げることができます。それは加熱しても死滅しにくい食中毒菌がいるからです。また食中毒菌そのものは死滅していても、産生した毒素が残っている場合もあります。その場合は、加熱してもやはり事故は起こります。加熱することは有効な食中毒対策ですが、次のようなケースがあることを認識しておきましょう。

表面温度は上がっても中心温度が上がっていない場合

食材の表面が殺菌に十分な温度(85°C以上で1分間以上)条件を満たしていても、中心部分が同様の条件を満たしていないかもしれません。とくに厚みのある食材や、内部に空気を抱え込んでいるような食品は、思う以上に温度は上がっていません。

細菌は死滅しても毒素が残っている場合
細菌は死滅しても、産生した毒素が残っている場合があります。たとえば、2日目のカレーです。鍋の底にウェルシュ菌という食中毒菌が存在し、再加熱によって死滅しても、すでに産生してしまった毒素は残っています。

加熱調理後に二次感染を受けた場合
加熱調理済みの段階では無菌になっていても、その後に菌による汚染を受けることがあります。人の手や調理器具、生の食材、飛沫した水や空気などがその原因です。これを二次感染と呼びます。加熱調理済みの食品の取扱いは、より慎重に行なう必要があるわけです。

加熱調理後の温度管理に不備があった場合
加熱調理によって細菌数を低く抑えたとしても、無菌になっていないことがあります。すみやかに食べたり、冷蔵庫などで冷蔵されていれば問題ないのですが、常温で放置するなど、不適切な温度管理によって残った細菌が増えることがあります。
このように、加熱は完全な対策ではありません。食品を扱う作業全体で衛生管理を行なうことが大切です。

日和見感染とは何か?

免疫力の低下で発症する
日和見感染という言葉があります。これは健常者であれば問題にならないようなレベルでも、免疫力が低下している状態など健常でない場合には、感染症になってしまうというものです。病院や高齢者施設において、この日和見感染は多く見られます。

免疫を抑制する治療(ステロイド剤の投与など)や抗生物質の多用による耐性菌の出現とも関連が深いと言われています。たとえば、「セラチア菌」という細菌がいます。これは自然界に普通に存在している細菌です。手洗い場などの水回りを検査すると見つかることも珍しくありません。

この細菌自体が原因で、重篤な健康被害を引き起こすことは普通ありません。しかし、手術の跡や重い疾患などが原因で感染防御能力が低下した際には問題になります。とくにセラチア菌が血液、腹水、髄液などから見つかる場合です。そのような場合には、セラチア菌が産生するエンドトキシンという毒素により血圧が急激に下がり(ショック状態)、その結果、腎臓や肝臓の機能に障害が起こり、「多臓器不全」という状態に陥ると、死亡する危険性が高くなります。

手指消毒が有効な対策

また、疲労が蓄積した場合に罹る病気としてヘルペスがあります。これは「ヘルペスウイルス」というウイルスが原因です。普段ら体の中に潜んでじっとしていますが、風邪をひいたり、疲れがたまって体力が衰えると、「帯状疱疹」という状態を発症します。これも日和見感染の一種です。日和見感染に対処する方法としては、ヒト側の問題が多いため、免疫力を高めるなどの対策が必要です。しかし免疫抑制の治療中など、致し方ない場合もあります。そういうときこそ、基本的な感染症対策が重要です。とくに手指消毒は簡単にできて有効な対策です。他の人との接触時や、不特定多数の人が触るようなものを触った後などには、必ずアルコール制剤などの手指消毒剤で手指を消毒しましょう。

もろもろ有効な対策をご紹介しましたが、もっとも安全かつ確実な方法はオゾン殺菌です。たとえば、食材洗浄にもオゾン水殺菌が大変有効です。使い方はいたって簡単です。

オゾン水生成器により作ったオゾン水で野菜や果物を洗浄し、付着・残留した農薬や防腐剤を洗い流すだけです。

是非、あなたもオゾン水をご活用いただければと思います。