post

ロックフェラー財団にみる石油と環境

「ロックフェラー」という名前を聞いたことはありますでしょうか(日本では、陰謀論を唱える人たちに「ロックフェラーが世界を牛耳っている」などと言われることもあったりします)。先日、この名前が久しぶりにニュースに登場していました。報じられていたのは、「ロックフェラー・ファミリーが、146年続いた石油ビジネスからついに撤退」というニュースです。このニュースについて解説していきます。
 

中東が産油国として興隆する前、アメリカは世界最大の産油国でした。そして、そのアメリカにおいて巨大な石油産業をほぼ独占したのが、ジョン・ロックフェラー氏です。彼は、1870年にスタンダードオイルという会社を設立し、価格カルテル、競合つぶしのための廉価販売、そして競合がつぶれたあとの価格大幅引き上げなど、かなり荒っぽい手段を使い、アメリカの石油市場を独占します。その独占により、ロックフェラー氏は大富豪になりました。
 

しかしアメリカ政府は、スタンダードオイルが独占的な地位を濫用しているとして、1911年にスタンダードオイルに対して解体命令を出します。そして巨大なスタンダードオイルは、34の会社に解体されたのでした。しかし、ロックフェラー一族は、解体された会社に対してもロックフェラー一族の財団を通じて株式を所有していました。会社の日々の経営からは退いたものの、財団を通じて大株主としての影響力を行使する、また保有する株式から生み出される利益を元にして慈善事業を行うなどしていました。
 

そして現在のニュースに飛びます。スタンダードオイルの後継会社として、現在最も大きい会社がエクソンモービルですが、このたびロックフェラー財団は、保有するエクソンモービルの株式を全て売却する決定をしました。その理由が「世界が、化石燃料から(二酸化炭素を排出しない)代替エネルギーに向かう中、エクソンモービルの株式保有は経済的にも、また倫理的にも割に合わない」という、環境問題について言及した驚きの内容でした。
 

1870年に石油会社を起こしたロックフェラー一族は、146年後の2016年に、環境問題を名目として、石油ビジネスから(株主としても)完全な撤退をしたのです。

post

原子力発電の今と未来

東北の大震災から、原子力発電は取り返しがつかない、恐ろしい発電方法と言われています、

確かにそれは間違いないと思います。

東北の大震災による福島原発の事故によって、日本の中に始めて人体に害を与える為に、人が立ち入れない区域ができました。

こんなことが各地で起きては、いずれは人が住めなくなると危惧する気持ちも分かります。

しかし、本当に原子力発電について詳しく知っていますか?

こんなに恐ろしい原子力発電を推進するグループが世界にも日本にも沢山あります。

彼らは何故、恐ろしい事故を目の当たりにしても、研究を続けるのでしょうか?

それには、原子力発電の未来が大きく関わっています。

この記事では、そんな原子力発電の今と未来について書いていきます。

・原子力発電の今

現在の原子力発電は人為的に核反応を起こし、核反応時に発生する熱を利用して、水を沸騰させてタービンを回し発電する方式です。

1度核反応を始めると、膨大な熱を発生させられるのですが、急に動かしたり、止めたりすることはできません。

そのため、福島の地震の時の様な、急な事故が起こった際にも、核反応が収まるまで、とにかく冷やし続ける必要があるので、何らかの理由で核反応を起こしている炉を冷やすことができなくなると、熱暴走を起こし制御不能の事態に発展します。

そして、熱暴走を起こすと辺り一面に核物質を撒き散らし、人が住めない地になってしまいます。

現在の原子力発電は多大な燃料が必要なく、安定した電力を取り出すことができる日本に合った発電方法ですが、もし、事故が起こった際に取り返しがつかない事態に陥るリスクを背負っていると言えます。

・原子力発電の未来

未来の原子力発電は、現在の原子力発電のような問題が起こらないと考えられています。

未来の原子力発電として現在開発が進んでいる、核融合炉、レーザー核融合などの次世代の原子力発電は、現在のウランなどの重い元素を使用せずに、水素などのどこにでもある元素を利用して発電する方法です。

これらの発電方法は、発電条件がとてもデリケートなので、何らかの理由で発電条件を満たさなければ、直ぐに発電が停止すると考えられています。

これら次世代の原子力発電が実現すれば、安全で安定した電力を家庭で供給できるようになる未来がやってくるのかもしれません。

・まとめ

現在の原子力発電はリスクが伴う発電方法です。

ですが、危険だからという理由で次世代の原子力発電の開発を辞めれば、資源を消費し続ける発電方法に頼らざる負えなくなり、いずれは人類は電気の無い時代に戻ることになるかもしれません。

私としては、安全性に注意を払いつつも、何とか次世代の原子力発電の開発を進めて欲しいと思っています。