post

近頃夏の海に入れる期間が延びているような気がします。昔はお盆を過ぎるとクラゲが出るからと海水浴はお盆前までに済ませていましたが、近年クラゲの出る時期に変化があります。地域によって、お盆より早く出るところやお盆を過ぎても現れないようなところがあるのです。
 
このような環境の変化には、地球温暖化が関わっています。地球温暖化とは私達人間が人為的に作り出した二酸化炭素を含む温室効果ガスの影響で、地球の表面温度が上昇してする事を言います。
 
地球温暖化は例えば、海水温の上昇を招きます。地球のほぼ7割を占める海は私達が出す熱エネルギーを吸収して、地球温暖化を和らげてくれているのですが、海水温が上昇すると北極圏の氷が溶けだすため、海面水位が上がってしまうので問題となっています。
 
海面水位が上がる事で、今まで陸地だった場所が海へと変わっていきます。今はほんの少し水位が上がっているだけなので、気にも留めないかもしれませんが、今後更に気温・水温が上がる事で更に大きな氷床が溶けだすと大規模な水害へと繋がってしまいます。
 
海水温の上昇は海の生態系にも大きな変化をもたらしています。魚はその種にとって最も適した環境(水温)でなければ生活する事ができません。しかし海水温の変化により今までと同じ場所では暮らしていけなくなってしまいます。
 
漁で生計を立てている漁師にとって、漁獲量が減るという事は死活問題です。他にも地球温暖化による環境変化で、砂漠化が問題となっている土地があります。土地が砂漠化してしまうと植物が育たなくなり、生活していくのが困難となります。
 
元々豊かだった土地が砂漠化はしてしまうのは、温暖化だけでなく人の影響が大きいと言われています。私達が生活する事で土地の栄養を奪ったり、森林を伐採することも大きな原因です。
 
 
今のまま砂漠化が進んでいくと、なんと地球の1/4が砂漠となる日が来るかもしれないのです。砂漠化が進む事で緑が減りますます地球温暖化が進んでいきます。負の連鎖をどうやって断ち切るかが課題となってきます。

海水汚染はどこへいくか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*